診療内容

メタルフリー

現在歯科治療において主に使用されている材料は金銀パラジウム合金やコバルトクロム、アマルガムというもので、俗に言う「銀歯」です。比較的安価であり、耐久性もあるため保険治療の主役として長年使用されてきました。
しかし、昨今金属アレルギーへの不安や見た目の悪さ、または歯グキへの悪影響など様々な問題が指摘されています。 当院では金属を一切使用しないメタルフリー治療を希望のある方には積極的に行っており、その高い審美性や機能性、生体親和性(体に害がない)から高い評価を頂いております。

 

銀歯 ・金属アレルギーの不安 ・見た目の悪さ ・歯肉への悪影響

銀歯
・金属アレルギーの不安
・見た目の悪さ
・歯肉への悪影響

オールセラミック ・審美性 ・機能性 ・生体親和性にすぐれる

オールセラミック
・審美性
・機能性
・生体親和性にすぐれる

金属アレルギーとは

アレルギーというと、花粉症や食品アレルギーを思い起こす方は多いのではないでしょうか?
人間は自分の体を守るために「免疫」を備えています。「免疫」とは細菌やウイルスなどの「異物」を排除して病気になるのを防いでいます。
その「免疫」が本来敵ではない金属に反応して起こるのが金属アレルギーです。
金属アレルギーの多くはネックレスやピアスなどに触れた部分が赤くなったり強い痒みを生じる「アレルギー性接触皮膚炎」というものです。症状が重い場合には皮膚が剥けてしまうことや手足や全身にまで広がることもあります。

歯の治療金属が原因のアレルギー

お口の症状

  • ・金属が溶けることによる歯グキの黒い着色(画像)
  • ・味覚異常や知覚異常
  • ・口内炎や舌炎、口唇炎

 

全身症状

  • ・局所あるいは全身の蕁麻疹や痒み
  • ・全身性接触性皮膚炎
  • ・掌蹠膿疱症

 

歯科用金属の種類と危険度

歯科治療で使用される金属には様々な種類がありますが、イオン化傾向の高い=イオン化しやすい金属の方がアレルゲンとしての危険度が高いことが分かっています。

main_03

  • *インプラントに用いられるチタンは極めて耐腐食性が高く、生体親和性の高さからバイオメタルと言われています。

 

金属を使用しないメタルフリー治療

以下の5種類の方法があります。

セラミック

利点

  • ・キレイな色合い、見た目が自然
  • ・歯グキとの親和性がよく、歯グキが黒くなりません
  • ・物性が安定しているため、黄色く変色したり臭い匂いが発生しません

 

欠点

  • ・保険適応ではない

 

レジン

保険診療でよく利用されるプラスチックです。主に詰め物になどの小範囲の虫歯に使います。

利点

  • ・安価

 

欠点

  • ・年数が経つと、汚れが目立ったり縮んで自分の歯との間に隙間ができる
  • ・そのため、はずれやすい
  • ・色のバリエーションが少ない
  • ・表面がザラザラのため、臭い匂いで口臭の原因となることがある

 

ハイブリッド

上記のレジンの欠点を補うためレジンにセラミックが含有された混合物です

利点

  • ・比較的安価

 

欠点

  • ・レジンよりも起こりにくいが、やはり年数が経つと、汚れが目立ったり縮んで自分の歯との間に隙間ができる

 

ジルコニア(ジルコニアオールセラミック) 

従来のセラミックは、審美性は高くても強度が不足するという弱点がありました。
多数歯のブリッジなどには強度不足のため不向きでしたが、ジルコニアの実用化でほとんどの症例でもメタルフリーの治療が可能となりました。
ジルコニアは金属よりも強い強度がありながら軽いという利点もあります。金属を一切使用したいため、金属アレルギーの心配もなく非常に美しい歯を作ることができます。

グラスファイバー

虫歯による崩壊の著しいときに歯の土台に用います。
金属の心棒と比べて柔軟性があるため、歯の根っこが割れにくく、白いためオールセラミックのときに使用

セラミックを用いたメタルフリー治療例

Coming Soon

診療内容に戻る